CCクリームとBBクリームの違いとは

「えっ!何が違うの??」CCクリーム、BBクリームの特徴

ファンデーションの枠を超えて美容液や日焼け止め、さらには化粧下地の効果があり、メイクの時短革命を起こし、一般的になった「BBクリーム」。

昨年からBBクリームよりも美容効果が高いと言われる「CCクリーム」が各社より発売されています。

どんな効果が期待できるのでしょうか?

BBクリーム=あくまで「ファンデーション」

BBクリームのBBとは、Blemish(気になる部分)をBalm(保護)の略。

元々傷跡を隠したり、肌を守るために開発された商品のため、「肌のトラブルを隠す力」=「ファンデーション」の要素が強くコンシーラのリキッドverとも言えます。

肌を均一にマットに見せる商品が多いので、のっぺりとした印象でナチュラル感は薄いのが特徴です。

CCクリーム=美容成分たっぷり「化粧下地」

BBクリームに対して、CCクリームは肌のCOLOR(カラー)をCONTROL(コントロールする)の略。カラーで肌の欠点をカモフラージュするものと定義しているブランドもあります。

共通点は「お肌の下地作り」が基本なので各社「CCクリーム」で販売されているものは美容効果や肌色補正効果に優れています。

化粧下地に美容効果を付けたCCクリーム

topimg01
サブコンテンツ

その他人気商品

このページの先頭へ